写真をトレースしてイラスト化 初心者向け似顔絵の描き方 〜Adobe fresco 色塗り編〜

趣味

こんにちはnatsuです。

イラスト初心者さんや何となく絵を描いてみたいと思ってる方へ私からの提案

『写真をトレースしてイラスト化する方法』を紹介します。

お絵かきを気軽に楽しんでほしいという思いから記事にしてみました。

前回は写真を元に輪郭を描きました。輪郭編はこちらです。

今回は色塗りをします。

記事前半は、同じ内容ですので飛ばしたい方は「4,色塗り」からどうぞ

著作物のトレースについては注意が必要です。

最後の項目をご一読ください。

スポンサーリンク

用意するもの

  • 写真(自分で用意したもの)
  • タブレット
  • スタイラスペン
  • イラストアプリ

※iPadとApple Pencilがオススメです。

イラストアプリについて

イラストアプリ・ドローイングアプリは何でもいいです。

無料のアプリがたくさんあるので色々試して自分に合いそうなものを探してみてください。

私のおすすめは以下の二つ(iPadしか持っていないのでiOS限定のアプリになります)

Adobe fresco

機能豊富で自由度も高く、表現の幅が広いです。

機能についてのチュートリアルもあるのでおすすめ!

TAYASUI Sketches

メモ帳のように使えます。最低限の機能しかないです。

逆を言えば機能が少ないので機能選びで悩む心配なし

アイデアが思いついた時にサラサラっとスケッチする時に使いやすい

sketches についての記事はこちら

準備

今回は、Adobe fresco を使います。

まずはじめに、Adobe frescoの筆圧感知の設定をいじります。

ホーム画面のアプリケーション設定を開きます。

入力タブに筆圧感知の設定があるので、左はじの「柔らかめ」にしておきましょう。

Adobefresco筆圧感知設定

準備は以上です。

今回使うツールは、輪郭の為のペン・着色の為のペン・消しゴム これだけです。

色塗り

写真レイヤーを選択して「変形」を選び縮小して

色塗りの邪魔にならないよう画面の端っこに寄せて「完了」

Adobe fresco 画像変形
Adobe fresco 画像変形、移動

写真を端っこに寄せたら、輪郭レイヤーの上に1枚レイヤーを重ねます。

このレイヤーに色を塗っていきます。

肌、髪、服の順で塗っていきます。

「ピクセルブラシ」から「ペイント」を選び「べた塗り」を選択

Adobe fresco ブラシ べた塗り

「カラー」の「カラーホイール」で円の中から橙色を選び

四角の中からいい感じの肌色を探します。

Adobe fresco 肌色選び

サイズ200 流量100 に設定しましょう。

Adobe fresco べた塗りサイズ
Adobe fresco べた塗り流量

このブラシの設定で塗っていきます。

肌部分は一筆書きで一気に!重なった部分が濃くなります。

重ね塗りって技もありますが難しいので今回はシンプルに塗っていきます。

大体こんな感じでしょうか

Adobe fresco 肌色塗り

ちょっとくらい輪郭からはみでても大丈夫

きっちりになり過ぎずに、ゆるく塗るのも味があります。

次は髪の毛を塗りましょう。

もう一枚レイヤーを重ねます。レイヤーを重ねる理由は、間違えた時に消すのが面倒だからです。

肌の時と同じように色を決めて塗っていきます。

Adobe fresco 髪色選び

サイズ80 流量100 この設定でいきましょう。

流量は変わってないので触ってません。

Adobe fresco 髪 べた塗りサイズ
Adobe fresco 髪べた塗り

髪が塗り終えたら、次は服です。

レイヤーを一枚だして、肌や髪の時と同じように塗っていきます。

サイズ80 流量100 の設定です。ブラシの設定は髪を塗った時と変わってません。

Adobe fresco 服色選び

どうですか?色塗りはできましたか?

Adobe fresco べた塗り 完成

私はこんな感じになりました。

※イラストで楽しみたい要素のひとつが色塗りです。アヴァンギャルドに赤や青など通常ではあり得ない攻めた色で塗ってもOK!想定外を楽しみましょう。

こんな感じで、何でもあり

Adobe fresco パンク坊や

出来上がり

レイヤーの順番を調整したら出来上がりです。

一番上に輪郭のレイヤー、その次に色塗りのレイヤーにします。

Adobe fresco レイヤー移動

以上で出来上がり〜

どうですか?

簡単にいい感じでしょう?

Adobe fresco 赤ちゃんイラスト

最後に…著作物のトレースはダメ!

著作権侵害、聞いたことあると思います。

絵画や音楽や映画などの創作物には作者に権利があります。

拾い画像や著作物をトレースして「自分が描いた物」のようにみんなの前で発表するのはやめましょう。当然、販売もダメですよ。

みんなしてるから、ちょっとくらい…はダメですよ〜

写真は自前で用意して、素材として使いましょう。

イラスト練習の為のトレースを「個人で楽しむ」分には良いと思います。

スポンサーリンク
趣味
スポンサーリンク
natsuをフォローする
natsuの森

コメント

タイトルとURLをコピーしました