子供連れでいけるフェス『 CIRCLE 』

趣味

こんにちはnatsuです。
私、福岡に住んでおりますので、福岡のフェスのお話になります。
毎年5月中旬に開催している音楽フェス『 CIRCLE 』
2018年と2019年の二回行きました。
2018年は私一人で参加し、2019年は子供を連れて家族3人で行きました。
家族で参加して確信しました。これは毎年恒例の家族行事になる!
そこで気づいた事などを記したいと思います。

スポンサーリンク

福岡の野外フェス『 CIRCLE 』

毎年5月中旬の土曜日 土曜と日曜の2デイズの時もあります。
場所は、海の中道海浜公園 野外劇場

音楽の系統はポップよりなゆるーい感じのロックだったり
基本心地よい音楽が多いです。激しい音楽はあまり流れないです。

ステージが3つあり、常に何かしらの音楽を聴く事ができます。
出演者も様々なので新しい音楽に触れる事が出来るのもフェスの良いところ。

一風変わったフードやドリンクもおすすめ。
トムヤムヌードルの麺がパリパリ細麺バージョン。2018と2019どちらも食べた気がします。レモンの香りが印象的でした。
小さな子供は食べられないかも…。
なんだか、おしゃれなフードが多いです。
見た目もちゃんとこだわってる感あります。味もGOOD。

CIRCLE 2018

コーネリアス、ボアダムス、テイトウワ、が目当てだったので二日目だけ参加しました。
何よりもボアダムスが福岡で見れてよかった。ライジング・サンやフジロックは福岡から簡単には行けないですからね。いつかは行ってみたいなぁ…。

CIRCLE 2019

EGO-WRAPPIN、ハナレグミ、細野晴臣は毎回CIRCLEに出演しております。
他にもZAZEN BOYS、在日ファンクと私好みのLINE UP。
その中でも大注目な出演者が!!なんとなんと前川清!!
フェスというものに出たのは初めてだそうです。すごいぞCIRCLE。

とまぁ、こんな感じのフェスです。
ポップというより割と濃いめでしたね。
二日間合わせて30組前後のアーティストが出演します。
インディーズよりなアーティストもいたりして発見の多いフェスですね。

『 CIRCLE 』の嬉しいポイント

小学生以下はチケット不要!

食べ物は持ち込みOK!
実際、我が家はお弁当を持って行きました。ゴミは持ち帰ります。
BBQセットや大型クーラーボックス、ビン、缶は持ち込み禁止で火気厳禁です。タバコは喫煙エリアでお願いします。

テントやタープエリアがある!
テントが張れると言っても公園に泊まることは出来ません。
2 m × 2 m 内に収まるテントにしましょう。

テントエリアの場所はすぐ埋まるので、早めに来た方が良い場所を確保できますよ。
テントはペグが打てるものが良いです。風で簡単にひっくり返ります。
ポップアップテントなど軽量テントはひっくり返るどころか飛んでいきます。
植木に引っかかってフワフワしている野良テントがたまにいます。

荷物は増えますが、テントがあると丸一日フェスを楽しめますよ。
5月ってもう暑いんですよ。
日除けになり休憩できるテントがあると、子連れフェスのハードルが下がります。

これがあると便利そうだなと思ったもの

ドリンクホルダー付きのテーブル
テーブルじゃなくてもいいです。
飲み物をホールドしてくれるものが必要です。

これがないと、テントの中で買ったばかりのビールが倒れます。
あの時の悲しそうな夫の顔が忘れられません。

この海浜公園の野外劇場は芝生で緩やかな斜面になってます。
斜面を平らに出来るような物があるといいですね。

折りたたみ出来る椅子
ずっと地べたに座るって疲れませんか?
テントの前に設置して音楽を聴きながら休憩できます。

子供用の軽食
便利な物ではないですが、傷みにくそうなパンなどを持っていけば良かったなぁと思いました。
フードブースはあるのですが、子供は食べてくれない事もあるので…。
お弁当も暖かい場所に長時間おくと食中毒が怖いので、水気のない常温保存できるパンなどが良いかもしれません。
一口ゼリーを凍らせると、保冷剤の代わりにもなりますよ。

フェスあるある

トイレの長時間待ち。
2〜3箇所トイレがあると思うので、場所の把握が大事です。
何よりも余裕を持って早めにすませておきましょ。
ポケットティッシュ必須。

フードブースの長時間待ち。
もうね、これも仕方ないです。
食べる時間をずらすしかないです。終盤はフードが売り切れます。
食べたい物があったら、その時食べた方がいいですね。

靴擦れ。
雨がふると皮膚がふやけて靴擦れしやすくなるんですよね。
絆創膏を持ち歩いて損はないです。

突然の雨。
100%晴天ならいいんですけどね。
雨カッパある方が安心します。
傘はフェスなどの人混みの中使うのは危ないのでやめた方がいいです。
傘の後ろにいる人はステージが見えないですし。
風が強いと吹っ飛びますしね。

かかとのあるサンダル最強。
ペラいビーチサンダルはダメです。足が疲れます。
つま先とかかとが守れて靴底がしっかりしてて
汚れても洗えるサンダルが良いです。

化粧で顔面ドロドロ。
化粧が崩れる前提で化粧した方がいいです。
日焼け止めは必須、思った以上に日焼けします。
顔だけじゃなく腕や足など抜かりなく日焼け止め塗った方が良いです。
寝る前のお肌のケアは念入りに、結構乾燥してます。

子連れフェスでの持ち物

帽子
羽織れるもの(夜は寒いです。)
子供の着替え一式
雨カッパ 
子供用の軽食
タオル
ポケットティッシュ
絆創膏
テント
ペグハンマー
ドリンクホルダー付きテーブル
折りたたみ椅子

食べ物を持ち込む時は食中毒に気をつけてくださいね。
野外に冷蔵庫はないです。
5月は暑いので保冷剤などで対策しましょう。

子供の服装は派手にした方がいいです。見失います。
出かける前に服装がわかるような写真を撮っておく、迷子札を子供に持たせるなどした方が良いです。
「はぐれたら〇〇へ集合する」といったお約束を子供とするのもいいですね。

おすすめサンダル
キーンのサンダルは足を守ってくれます。フィット感が気持ち良いです。

おすすめ帽子
菅笠?竹笠?みたいな形状のカヴーのチルバ。おしゃれですし、目印になります。

おすすめテント
設営と片付けがとても楽です。

ペグハンマー
ペットボトルや素手じゃペグは打てませんでした。
テントを買ったらハンマーも一緒にどうぞ。

まとめ

独身の時は気軽にライブやフェスに行ってました。
既婚になったからって、行けないわけじゃないんです。
子持ちだからって、行けないわけじゃないんです。
家族全員で一緒に参加して、楽しめばいいんです。
熱中症対策、迷子対策など安全確保して音楽を楽しみましょう。
子供の意外な一面がみれるかも…。

スポンサーリンク
趣味
スポンサーリンク
natsuをフォローする
natsuの森

コメント

タイトルとURLをコピーしました